園の特色

豊かな環境が子どもを育む

園にある畑での草花や野菜の栽培・収穫、身近な動物や昆虫の飼育、深山池公園での四季の遊び等幼児が日常の園生活の中で触れ合うことができる自然や動植物など様々な環境が用意されています。また、友達とかかわって活動するのに必要な大型遊具や用具、素材が準備され幼児の発達を促す環境を構成しています。

カリキュラムが豊かで総合的



幼児期の諸能力は個別に発達するのではなく、相互に関連し合い、総合的に発達します。また、幼児の発達は大筋では共通した過程をたどりますが一人一人を見ると環境の受け止め方や見方、かかわり方は違います。そのためできるだけ多様な体験や教材を遊びの中に取り入れ、子どもの興味関心を広げていきます。

担任以外に専任の講師による指導
体育遊び 絵画遊び 英語遊び
就学後の学習の基礎となる言語 図形 数量の活用
ブレッター
毎日、絵本や童話に親しみ、未知の世界を先生と共有
図書館に3000冊の蔵書
本の貸し出しも実施
多彩な課外教室
英会話 サッカー チアダンス

広い園庭がおもしろい

四季を通じて遊び場の中心は広い園庭。サッカーに興じる子ども、リレーを楽しむ子ども、先生と鬼ごっこする子ども、小山を上がり下がりする子ども、砂場で創作活動に没頭する子ども、そして鉄棒の逆上がりやスケーターの練習をする子ども。自由遊びの中で運動能力や協調性が育ちます。

文字通り「わくわくサタデー」

土曜日には保護者や地域の皆様の参加を積極的に募ってその教育力を活用し、ふだんの保育では取り組みにくいダイナミックな活動を展開します。様々な取り組みが子ども発の遊びにつながります。「わくわくサダデー」は年間で5回程度行います。

地域の幼児教育(子育て支援)センターをめざして

園庭開放と預かり保育

園児はもちろん、地域の未就園児、保護者のために保育終了後あるいは長期休業中も園庭を開放し、気軽に安心して遊べる場を提供しています。また、定期的な教育相談や未就園児のための親子教室もあります。そして、保護者の就労形態に対応するため預かり(延長)保育を実施しています。

わくわく幼児教育相談を開設しています。

幼児教育・子育て相談等に加え、児童虐待未然防止のための個別相談を実施し、専門機関等への紹介を行います。
・電話相談(毎週水曜日を基本に随時)
・面接相談(毎週水曜日午後)
 電話番号 072−794−5355

未就園児教室

毎週水曜日の放課後は、未就園の子どもたちの教室をひらき、専任の先生と遊びを通して集団生活の楽しさを学びます。

子どもたちが安全に園生活を送るために

幼稚園が子どもの安全が確保された場であり続けるために、地震、火事や交通安全の対策はもちろんのこと遊びの中での事故防止や子どもの健康管理の指導、食品や飲料水の安全、遊具の点検、また外部からの侵入者対策などに気を配っています。職員室と各保育室を結ぶインターホン、県警ホットラインを整備し、また通用門はオートロックを取り付け、入園の際は許可証の着用を義務づけています。
このページのトップへ