教育方針

基本理念

幼児にとっての幼稚園は、家庭から離れて同世代の幼児と一緒に過ごす初めての集団生活の場です。先生やお友達と生活を共にしながら感動を共有し、興味や関心の幅を広げそして様々な遊びを体験する中で自我を形成していきます。本園では広い園庭や豊かな自然等を活用し、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の各領域を総合的に取り組み「知」「徳」「体」「食」の調和した教育を進めていきます。

もとめる子ども像

仲良く 元気よく 遊ぶ子ども
子どもにとって一番大切なのは「遊び」。子どもに必要な施設、設備を整えた園舎、広い園庭、自然観察農園、隣接した深山池公園でおもいっきり遊び、たくましさや他人への思いやりを育てます。
気づき 感動し 表現する子ども
子どもは生まれながらにして自然に成長する力と同時に周囲の環境に対して自ら能動的に働きかけようとする力をもっています。この時期にこそ様々な活動を体験させ、気づきや感動を伝え合い望ましい発達を促します。
約束を守り 最後までがんばる 子ども
友達と一緒に活動する楽しさや喜び、自己主張のぶつかり合い等による怒りや悲しさの体験を積み重ねながら集団生活のルールを学びます。設定した各月の約束を守り、望ましい習慣や態度を身につけます。
このページのトップへ